オンラインシンポジウムを開催しました

当法人では、社会福祉推進事業として、伴走型支援に関する調査研究と教材開発を行っています。調査研究事業の一環として、2月2日に松戸市の皆様にご協力をいただき、オンラインシンポジウムを開催しました。
重層的支援体制整備事業のキーワードを考えるシンポジウム
伴走型支援って、なに?

日時 2021年2月2日(火) 14:00~16:30

基調講演 『伴走型支援とは何か』
奥田知志(認定NPO法人抱樸・理事長)

パネルディスカッション
奥田 知志(認定NPO法人抱樸・理事長)
稲月 正(北九州市立大学基盤教育センター 教授)
鏑木奈津子(厚生労働省社会・援護局地域福祉課)

主催:一般社団法人日本伴走型支援協会 / 後援:松戸市